ABOUT
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES

何度ご利用しても30日間無利息! 13.0〜18.0%(実質年率) ネットキャッシングのキャレント


プロミス50万円までならネットでOK、来店不要です実質年率『7.9〜17.8%!』


【レイク】画面上で審査可能!!Webクイック振込みサービス


「ノーローン」9.5%〜18%+1週間無利息

年会費無料のENEOSカード
ガソリン・軽油代も請求時に2円/L!
ロードサービスも年会費無料


ガソリン料金が最大40円/Lお得に!NTTグループカード
NTTグループ料金がお得になるカード!






RECENT COMMENT
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    ふにゃバット (06/02)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    アジャ公 (05/04)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    志波康之 (01/14)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    カドルト (01/08)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    ソルバルウ (01/03)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    サキューン (12/29)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    リョータ (12/25)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    まろまゆ (12/20)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    モグモグ (12/16)
  • 低金利のおまとめローンに借り換えローンを一本化にしませんか
    夜沢課長 (12/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
スピードキャッシングの基礎知識
スピードキャッシングはよく耳にする言葉ですが、このキャッシングとはどういう意味なのでしょうか。まず、キャッシングとは用途を限定せずに個人が利用可能な小口の融資を指しており、担保や保証人は不要で顧客の信用度に基づき限度額が決まります。キャッシングサービスは消費者信用という産業に含まれます。一般的に無担保無保証融資の会社の総称として解釈されている消費者金融という言葉は、あくまでも便宜上の捉え方です。消費者が、信用(クレジット)に基づいてお金を借りるという、消費者信用の一つの形です。では、近頃よく耳にするスピードキャッシングとはどのようなものでしょう。通常銀行等で借りる場合には、審査から融資まで相当数の日数がかかるのが普通です。しかし消費者金融を代表とするキャッシングローン会社では、審査が最短1秒というものや、即日審査をして即日振込み可能というスピーディな融資もあります。そして、その日のうちに融資が可能なキャッシングがスピードキャッシングです。スピード融資は、金融会社がそれぞれの審査技術をスピードアップさせた結果、実現可能になったサービスといえます。最近のスピードキャッシングでは、申込み当日に審査結果が分かり、指定の口座へスピード振込み融資が可能なキャッシング商品もたくさん出てきています。また即日審査だけでなく、カード発行前に指定口座への振込みも可能なので、スピードキャッシングは急な出費でも安心して利用する事が出来ます。

| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(22) |
ローン一本化による借入件数の減らし方
ローンを一本化するに当たり、7つも8つもある借り入れ件数を一気にひとつにまとめてしまうことはほぼ不可能と考えるべきです。しかしながら、ローンを一本化という目的を諦めてはいけません。とにかくも借り入れ件数を1件でも減らすことが大事なところで、可能なら3件ぐらいに数を減らしていきたいところです。ローン一本化の最終目標は、より条件のいい低金利ローンに借り入れ金を一本化することです。キャッシングが何件もあり、小口で借りているようなものがあるようなら、債務残高が少ない順に少しでも多く一本化を行います。キャッシングの限度額を上げてもらえるようなら、その分で他のローンが返済できないかを考えてみてください。そして完済が終わった会社は必ず解約手続きをして借り入れ件数を減らします。金融会社が審査に使う信用情報は2ヶ月分の利用情報しかありませんので、解約後に3ヶ月待つことで情報が更新されるため、他社を使用したという記録が消えることになります。返済の実績を積み重ね、また借り入れしている件数を減らせば、金融会社は返済力のある客と見なしてくれます。少しでも低金利で高い限度額で貸してもらえるようにすることがローン一本化の目的です。3社か2社まで減らすことができていれば、ローン一本化が可能なキャッシング会社の選択肢は広がってきます。金利が低ければ低いほどよいので、そういったキャッシング会社を利用してローンの一本化を図り、借金返済を効率化しましょう。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(5) |
即日キャッシングを賢く活用する
即日キャッシングは、困った時の頼みの綱になってくれます。顧客がより使いやすいように、各会社はそれぞれ独自サービスを組み合わせています。主なものに、その日じゅうの入金サービスや30日間無利息サービス、スピード審査、インターネットからの申し込み受付等があります。手軽さを強化するような、一層使いやすいキャッシングにしているのです。最近よく耳にする女性限定のキャッシングサービスは、他の即日キャッシングと比べて唯一違うのが、女性が対応してくれるという点があります。女性の利用者からしてみれば、窓口が男性よりも女性が対応してくれた方が安心して借りることが出来ます。女性限定のキャッシングサービスでも、インターネット上から簡単に振り込んでもらうこともできます。また、即日キャッシングの中には、コンビニに据え付けてあるATMからの返済ができるところもあります。毎月支払わなければならない返済がコンビニで済ませることができれば、忙しい人でも大丈夫です。即日キャッシングは、数あるキャッシング会社を調べていくと便利さの面で突出しており、気軽に借り続けることができるものだといえます。主婦層や学生向けのキャッシングサービスを提供したり、無利息期間というサービスが付加されているものもあります。どのキャッシング会社から借りるのが一番効率が良いのか、借りる前には一度調べてみた方がいいですね。

キャッシング人気ランキング
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローン一本化の選び方
キャッシングでお金を借りる場合、ローンの一本化のためなのか普通の融資なのかに関わりなく、金融会社による審査を受けなければなりません。融資時の審査はスコアリングシステムと呼ばれ、顧客に属性をつけて点数をつけることでその状況下にある人の平均的な返済能力を把握するものです。顧客を評価するため参考にされる属性としては、年齢、家族構成、勤務先とその規模、勤続年数、持ち家の有無などがあげられます。この他に、こういった審査で重要視されるのが、他の金融会社からの借入件数です。年収や返済総額などに加えて、他の金融会社からの借入件数もまた大事なポイントとなることがあります。このため、借り入れ件数は無視できるものではありません。ローンの一本化を考える前に、受けている融資を減らすことで整理するということも必要になってきます。一つの融資を別の融資からの資金でまとめて返済し、小さな複数の借り入れを整理する、などの方法があります。信用が高ければローンの一本化をするにしても選択肢が多くなりますが、それには借入件数が2件程度である必要があります。ローンの一本化を考える人が増えてくるのは、借入の件数が3〜4件ほどの場合です。貸し手の方もこうしたニーズへの対応には慣れているため、きつくも緩くもない基準での審査が行われることから、融資してもらいやすいといえます。借り入れ件数が5件以上となるとボーダーラインを超えた所に位置し、新しく融資を受けることが難しくなります。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(0) |
キャッシングの借り入れ審査について
消費者金融の融資に審査は避けて通ることができない以上、審査基準、審査の内容は気になるところです。
スピード審査、簡単審査を売りにしているキャッシング商品はあっても、審査がないキャッシングはありません。
何社かの消費者金融を利用し多重債務状態にある人や、キャッシング返済を滞らせた前歴のある人は審査を通りませんが、それ以外の人は限度額に差はあれど審査自体は通るでしょう。
キャッシング会社によっては、水道やガスなどの公共料金の支払い履歴なども審査項目に含めます。
ガス代、水道代などが払えていないと、返済能力に問題があると見なされることもあるようです。
主婦の場合、本人が無職でも配偶者に一定所得があれば借り入れ審査は通ります。
審査の内容、基準、スピードなどは、そのキャッシング会社によって少しずつ異なります。
同じ条件で同じ金額の借り入れを申し込んでも、片方の会社は審査に簡単に通ったのに、もう片方から断られるという事態があります。
もし希望する限度額に達しなかったなら、諦めずに他社を回ってみることも有効です。
アッサリと審査を通る会社も見つかります。
一般的には、審査時に電話などで在籍確認が行われます。
中には、在籍確認をせずに審査を終わらせる会社もわずかながらあります。
申し込みに際しての必要書類もキャッシング会社毎に異なります。
条件の厳しいところでは顔写真の確認できる免許証やパスポートなどを求められますが、顔写真がなくても大丈夫なところもあります。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(3) |
実質年率のグレーゾーン金利について
キャッシング業者がお金を貸す時は、たいていグレーゾーン金利の範囲内となります。
実質金利を知る時に一緒にグレーゾーンについても知っておきましょう。
グレーゾーン金利とは実質年率の範囲が利息制限法で定められた上限金利を超えてはいるものの、出資法で定められた上限金利には満たない金利を指します。
消費者金融を使うならば、グレーゾーン金利の仕組みを知っておいて損はありません。
出資法で定められた金利上限29.2%と、利息制限法で定められた金利上限20%が金融に関する法律です。
2つのキャッシングに関する法律の上限金利が異なるのは目的の差によるものです。
利息制限法は賃貸業者の利息上限を定めた法律で、民事での契約無効を定めています。
出資法は違反すると罰金が発生する刑事罰となる法律で、適用が異なるわけです。
消費者金融業者はグレーゾーンにある金利の融資を行いますが、法律のズレから発生するグレーゾーンは昔から問題視されており、撤廃に向けての動きが続けられています。
利息制限法で定められた上限金利より実質年率がオーバーしても罰金はありません。
罰金があるのは出資法です。
そこで、キャッシング会社は実質金利を決めるときに出資法は守りながら利息制限法をオーバーしています。
出資法29.2%よの少ない実質年率なら、利息制限法より大きくても消費者金融会社にはペナルティはありません。
ですが、どうしても返済が不能になった時などは利息制限法で定められた年率より多い分は過払いとして、過払い請求が成り立ちます。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(3) |
キャッシング金利の上限
キャッシング会社が金融商品について広告を行ったり、融資の説明を行う場合、実質年率を用いて表示をしなければならないことになっています。
実質年率の表示には、元金にかかる金利以外の手数料や書類作成費は別途計上にしません。
そうした諸費用についても、金利の一部として表示するように決められているのです。
このため、キャッシング金利を低金利に見せかけることはできないようになっています。
家電品などの購入など、ショッピング・クレジットの時に使われるキャッシング金利については、アドオン方式での計算が行われています。
こうしたアドオン方式によるキャッシング金利の表示についても、実質年率で表示するように決められています。
アドオン方式で算出した利息を実質年利に換算した表示が行われるため、他の金融商品との金利を比較しやすいようになります。
実質年率は出資法により29.2%が上限となっています。
そのため、実質年率が29.2%以上の高金利で貸しているキャッシング会社は違法なヤミ金融ということになります。
実質年利を比べることによって、キャッシング金利が安い業者からお金を借りることは大事ですが、返済を滞らせ延滞料を払うようなことになっては意味がありません。
低い金利のキャッシング業者を選んだとしても、延滞料は借り入れ金利よりもさらに高額に設定されている場合が多いため、意味がなくなってしまいます。
延滞料を発生させず実質年率のみで返済が終わるよう返済の計画は確実に立てておきましょう。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(13) |
ネットキャッシングで借り入れをする
インターネットを使ったキャッシング申し込みが増加傾向にあります。
借り入れをウェブから行う方法は、キャッシングサービス側も盛んに推進しています。
お金を調達する際に知人や近親に見つかりたくない、という人は多いはずです。
ネット上ではキャッシング条件を比較できるサイトがたくあんありますので、じっくり比べて情報収集し、申し込みをするまでの一連の流れの中で誰か顔を合わせる心配はありません。
また、借りたお金がどのくらい増え、返済はいくらずつがいいかを気軽にシミュレーションできます。
キャッシングサイトによっては、正式に申し込む前に利息を含めた完済までの内容や、年齢や性別を入力すると限度額がわかるお試しサービスもあります。
インターネットでは、ネットでのキャッシング方法についてより詳しく説明されたページもあります。
お金を借りる時は、どんな方法で限度額いくらまで利用するかも自分に合う方法を探さなくてはなりません。
融資を受ける前には、ネットでキャッシング会社を比較し、その業者の評判や審査内容について知っておきましょう。
融資までにかかる時間や返済プランなど把握しておくことが望ましいです。
ネットでのキャッシング申し込みは、どんな時間帯でも受付可能であることがメリットです。
融資までのスピードが早く、平日昼間の申し込みでその日のうちの振り込まれる会社も存在します。
ネットキャッシングのメリットに、申し込み時の外見印象が審査に含まれないこともあります。
自動契約機でも姿は見られており服装なども見られますが、ネット越しなら外見にこだわることもありません。
| キャッシング情報ナビ | 情報 | comments(0) | trackbacks(1) |
/ 1/1PAGES /